マインドマップ 図としての特徴

マインドマップ 図としての特徴

マインドマップは
テーマとなる概念の中心となる
キーワードやイメージを図の中央に置き、
そこから放射状に
キーワードやイメージを繋げていくことで、
発想を延ばしていく
図解表現技法といえます。

マインドマップを作成すると
複雑な概念もカテゴライズされ、
わかりやすく表現できます。

マインドマップによる表現方法は
人間の脳の意味ネットワークと呼ばれる
意味記憶の構造によく適合しているので
非常に早く理解することができ、
記憶に残すことができます。
Sponsored Link
Sponsored Link

検索


ビジネス,年収,10倍,勉強,法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。