マインドマップの発案者

マインドマップの発案者

マインドマップ(Mind Map)は、
イギリスのトニー・ブザンが氏が提唱した、脳による思考活動を最大限に活かすための図解表現技法を取り入れたブレインストーミングの手法です。
PCで作成するマインドマップソフトもあります
マインドマネージャーはその中でも優れものです。
『マインドマップ』は創造性、記憶力、学習力などの能力向上や開発に利用されたり、コミュニケーション力の向上などのビジネスシーンでも取り入れられています。
日本ではフォトリーディングと同様 神田昌典さんが
普及活動をしています。

日本ではブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社
によって「マインドマップ」という呼称は、商標登録されています。

現実にはマインドマップに似た図解思考法は数多く存在していますが、トニー・ブザン氏は、『マインドマップ』について12のルールを定めています。

その12のルールに従っていないものは「マインドマップとは呼べない」とトニー・ブザン氏は主張していますが
マインドマップに似た発想法は
マンダラートやブレインマップとよばれるものがあり
時と場合を選んで活用すればいいと思います。
Sponsored Link
Sponsored Link

検索


ビジネス,年収,10倍,勉強,法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。