情報処理では身につかない人間力を鍛える読書術

情報処理では身につかない人間力を鍛える読書術

情報処理では身につかない人間力を鍛える読書術
斉藤孝

読書2種類
@情報を得る読書
A人生に係わる読書

@情報を得る読書
何を得る(情報)のかを決める
キーワードが大切
2割の情報で8割の内容を得る
例えば重要な1章のみ読む

3色ボールペン
赤 客観的に重要
青 情報を把握
緑 自分の興味
キーワードは丸で囲む

これにより主観と客観の切り分けのトレーニング
重要なのは何を生み出すかであるが
キーワードやキーセンテンスを引用できて
内容を人に説明できる
要約ができることとなる

A人生に係わる読書
座右の書
偉大な先人との対話 イマジネーションの技法
若い人自分の中に他人がいない人が多い
折に触れて読み返す
ベッドサイド
偶然⇒問題解決
増やす10冊⇒100冊
案内人 読書 音楽 演劇など
月別にテーマを決めて読む
あこがれにあこがれる
10ページでも人に説明できるように

斉藤孝 読書術のブックマーク


Bookmarks

Bookmarks



『週刊東洋経済 6-21号 最強の「読書術」』 - 「ROCKY」の自己改革小作戦
ことこと(古都)☆にっき読書術特集 - livedoor Blog(ブログ)
ダンス ウィズ シナプス 東洋経済 2008年6月21日号
手帳公論週刊東洋経済 「読書術」特集 - livedoor Blog(ブログ)

書くぞー書いちゃうぞー..._〆(・∀・@) - livedoor Blog(ブログ)
最強の「読書術」:さむらいコピーライティング道
最強の読書術(週刊東洋経済2008年6月21日号) - FP KYO−Gのコラム
資格試験研究室〜合格ジャンボリー 「 最強の読書術 」 No.831

Sponsored Link
Sponsored Link

検索


ビジネス,年収,10倍,勉強,法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。